登録販売者試験合格を目指す!

一般医薬品を販売する場合、購入者側への適切な情報提供、相談応対のために薬剤師や「登録販売者」の常駐が義務付けられています。
登録販売者試験は平成20年からスタートし、各都道府県において随時実施されていますが、平成27年4月の薬機法施行規則の改正に伴い、学歴・実務経験が不問となり、どなたでも受験ができるようになりました。
当会の登録販売者受験対策講座は合格の為の実力アップを目指します。

学習内容

テキスト 1冊
練習問題集・解説 1冊
課題 5課題
受講マニュアル 1冊

学習するスキル

1 医薬品に共通する特性と基本的な知識

学習内容

・医薬品の本質
・医薬品の効き目や安全性に影響を与える要因
・適切な医薬品選択と受診勧奨
・薬害の歴史

2 人体の働きと医薬品

・人体の構造と動き
・薬の働く仕組み
・症状から見た主な副作用

3 主な医薬品とその作用

・精神神経に作用する薬
・呼吸器管に作用する薬
・胃腸に作用する薬
・心臓などの器官や血液に作用する薬
・排泄に関わる部位に作用する薬
・婦人薬
・アレルギー用薬(鼻炎用内服薬を含む)
・鼻に用いる薬
・眼科用薬
・皮膚に用いる薬
・歯や口中に用いる薬
・禁煙補助剤
・滋養強壮保健薬
・漢方処方製剤・生薬製剤
・公衆衛生用薬
・一般検査薬

4 薬事関係法規・制度

・医薬品の販売業の許可
・医薬品の取扱い
・医薬品販売に関する法令順守
・関連政省令の制定

5 医薬品の適正使用・安全対策

・医薬品の適正使用情報
・医薬品の安全対策
・医薬品の副作用等による健康被害の救済
・一般医薬品に関する主な安全対策
・医薬品の適正使用のための啓発活動

6 付録 一般用医薬品販売制度に関するQ&A